トップページへImage HTML map generator
 
 
龍ケ崎市(りゅうがさきし)森林公園
 
龍ケ崎市(りゅうがさきし)森林公園は,自然樹林(しぜんじゅりん)の森を生かした12.74ヘクタールの広大な敷地(しきち)内にあるキャンプ場で,スギなどの針葉樹林(しんようじゅりん)を主体とした環境(かんきょう)に野鳥観察(かんさつ)や山野草などの自然観察(しぜんかんさつ)コースが整備(せいび)されているほか,宿泊施設(しゅくはくしせつ)としてキャビンハウス・ログハウス・テントサイト・炊事場(すいじば)整備(せいび)されています。
また,通年で楽しめるバーベキューや
アスレチックコースも充実(じゅうじつ)しています。
 

 




 
<見たい項目を選んでください>

 
 


通年
・山野草が見られます。
<さがしてみましょう>
ヒトリシズカ,ホウチャクソウ,ルリソウ,ヤマトリカブト,イカリソウなど
龍ケ崎市(りゅうがさきし)で見られる野草です。)

通年
・野鳥観察(かんさつ)小屋で鳥たちの自然(しぜん)生態(せいたい)観察(かんさつ)することが
できます。
<主な種類(しゅるい)
メジロ,ホオジロ,シジュウカラ,ツグミ,ウソ,ジョウビタキ,ベニマシコ,モズ,カケス,アカハラ,シロハラ,コゲラなど


冬季不可(とうきふか)・園内散策(さんさく)により,多くの昆虫(こんちゅう)観察(かんさつ)することができます。
<さがしてみましょう>
トンボ,カマキリ,バッタ,チョウなど
龍ケ崎市(りゅうがさきし)に生息する昆虫類(こんちゅうるい)です。)
(13目131科419(しゅ)
 

通年・フィールドアスレチック
・水遊び
・バーベキュー
・キャンプ


 
 
 
植物
山野草
動物メジロ,ホオジロ,シジュウカラ,ルリビタキ
動植物以外(いがい)自然環境(しぜんかんきょう)

 
 
 
所在地(しょざいち
〒301-0857/龍ケ崎市泉町(りゅうがさきしいずみまち)1966
問い合わせ先龍ケ崎市(りゅうがさきし)森林公園管理棟(かんりとう)/0297-64-6612
施設(しせつ)ホームページhttps://www.city.ryugasaki.ibaraki.jp/kurashi/shisetsu/koen/
shinrinkoen/index.html
 開館時間自由 ※令和3年は営業休止えいぎょうきゅうし

有料施設受付(ゆうりょうしせつうけつけ)>午前8時30分~午後5時
宿泊施設営業(しゅくはくしせつえいぎょう)期間>6/15~9/14
 休館日無休(むきゅう)(かまど施設は,12/28~1/3を(のぞ)く)
※当面の間、利用制限(りようせいげんあり
 入場料(にゅうじょうりょう無料(むりょう)
施設使用料(しせつしようりょう 
有料(ゆうりょう)(キャビンハウス,ログハウス,テントサイト,かまど)
駐車場(ちゅうしゃじょう180台収容可能(しゅうようかのう)大型(おおがた)バス駐車可能(ちゅうしゃかのう
車椅子用(くるまいすよう)トイレ 
あり
ベビーベッドなし
宿泊施設(しゅくはくしせつあり/キャビンハウス,ログハウス,テントサイト
施設設備(しせつせつびキャビンハウス,ログハウス,テントサイト,炊事場(すいじば),アスレチックコース,ファイヤープレス,親水施設(しせつ),野鳥観察(かんさつ)小屋
スタンプ
設置(せっち)場所/時間
管理棟/午前8時30分~午後5時
注意事項(ちゅういじこうバーベキュー用かまどの予約(よやく)龍ケ崎市森林公園管理棟(りゅうがさきししんりんこうえんかんりとう)申請書(しんせいしょ)提出(ていしゅつ)してください。
用具は各自(かくじ)で用意してください。

 
 
 



公共(こうきょう)交通機関(きかん)使用JR常磐線(じょうばんせん)佐貫駅(さぬきえき)下車竜ヶ崎線(りゅうがさきせん)龍ケ崎駅(りゅうがさきえき)下車バス(やく)25分
車使用国道6号線から龍ケ崎(りゅうがさき)ニュータウン方面龍ヶ岡(りゅうがおか)公園から(やく)5分
 
 
 
蛇沼(へびぬま)の昔話
北竜台地区(ほくりゅうだいちく)
昔,付近(ふきん)に住む若者(わかもの)(ぬま)に行き,横たわっていた(まつ)の木に(こし)()()りをしました。
水面が赤くなったので不思議(ふしぎ)に思い(まわ)りを見ると,腰掛(こしか)けていた(まつ)の木は,実は大きな(へび)の体でした。その(へび)(した)反射(はんしゃ)して水面が赤く見えたのです。
若者(わかもの)はびっくりして()った魚を(ほお)りだして()げて帰ってしまいました。
この(へび)(ぬま)の主で,昔魚に助けられたことがあるので(おん)を返そうと(ぬま)を守っていたということです。
この話を(つた)()いた住民(じゅうみん)は,その後は魚や(へび)や小鳥を大切にするようになりました。
キノコ(がた)バンガローつくば科学万博(ばんぱく)使用(しよう)したものを寄贈(きぞう)してもらったものです。