トップページへImage HTML map generator
 
 
花立自然(はなだてしぜん)公園
 
花立自然(はなだてしぜん)公園のある旧美和村(きゅうみわむら)地域(ちいき)の80%が森林です。古くから木材生産やしいたけ栽培(さいばい)を行っていましたが,現在(げんざい)スギやヒノキの新しい活性法(かっせいほう)としてログハウスが注目されています。同公園内にもログハウス(つく)りの宿泊施設(しゅくはくしせつ)があり,特産(とくさん)が生かされています。
また同公園の特徴(とくちょう)として「花立山(はなたてやま)星まつり」を開催(かいさい)しています。
 




 
<見たい項目を選んでください>

 
 


通年
・日本列島の県木・アジサイ・ヤマザクラ・ヤマツツジ・ハギ・サツキ・コスモスなどが見られます。


毎週土曜日・レンズ口径(こうけい)82センチの反射望遠鏡(はんしゃぼうえんきょう)設置(せっち)している天文台「()スター」で観測(かんそく)できます。(要予約(ようよやく))(無料(むりょう)
 

通年・ハイキング,アスレチック,スペースアスレランド
(11~3月は土日祭日(さいじつ)のみ営業(えいぎょう)


 
 
 
植物
日本列島の県木,アジサイ,ヤマザクラ,ヤマツツジ,ハギ,サツキ,コスモス
動物野ウサギ,ムジナ
動植物以外(いがい)自然環境(しぜんかんきょう)

 
 
 
所在地(しょざいち
〒319-2601/常陸大宮市大字高部(ひたちおおみやしおおあざたかぶ)4611-1
問い合わせ先花立自然(はなだてしぜん)公園管理事務所(かんりじむしょ)/0295-58-2277
施設(しせつ)ホームページhttp://www.city.hitachiomiya.lg.jp/page/page002946.html
 開館時間4月~10月/午前10時~午後4時30分
11月~3月/午前10時~午後4時
 休館日火曜日(かようび)
 入場料(にゅうじょうりょう無料(むりょう)
施設使用料(しせつしようりょう 
有料(ゆうりょう)
駐車場(ちゅうしゃじょう100台収容可能(しゅうようかのう)大型(おおがた)バス収容可(しゅうようか
車椅子用(くるまいすよう)トイレ 
なし
ベビーベッドなし
宿泊施設(しゅくはくしせつあり/ログハウス
施設設備(しせつせつびログハウス(宿泊施設(しゅくはくしせつ)),日本列島散歩道(にっぽんれっとうさんぽみち),あじさいロード,花見広場,バーベキュー広場,アスレチック・スペースアスレランド(有料(ゆうりょう)
スタンプ
設置(せっち)場所/時間
管理棟窓口(かんりとうまどぐち)/開園時間に同じ
注意事項(ちゅういじこう植物採取(さいしゅ)禁止(きんし)となっています。
 
 
 



公共(こうきょう)交通機関(きかん)使用JR水郡線(すいぐんせん)常陸大宮駅(ひたちおおみやえき)下車バス(やく)30分徒歩約(とほやく)30分
車使用常磐(じょうばん)自動車道那珂(なか)ICから(やく)50分
東北自動車道宇都宮(うつのみや)ICから(やく)90分
 
 
 
花立山(はなだてやま)天文台
()スター」
レンズ口径(こうけい)82センチの反射望遠鏡(はんしゃぼうえんきょう)設計(せっけい)から組立,そして運営(うんえい)をアマチュア天文家が行っている全国でも(めずら)しい天文台です。
美和ささの湯全国でも(めずら)しい船のスクリューで流れを起こす「流水浴(りゅうすいよく)」が楽しめます。
地元産・新鮮野菜(しんせんやさい)の直売や自慢(じまん)の手打ちそばも味わえます。
みわ☆ふるさと館
北斗星(ほくとせい)
「おいしい・たのしい・あたたかい」をテーマに,春にはコシアブラやたらの()・竹の子などの山菜(さんさい),夏には夏野菜(なつやさい),地元生産者による季節折々(きせつおりおり)新鮮(しんせん)・とれたて野菜(やさい)販売(はんばい)を行っています。
レストラン北斗庵(ほくとあん)では,「常陸秋(ひたちあき)そば」を(しょく)すことができます。